作成者別アーカイブ: yukariaguaviva

春の森、鳥の歌

標準

冬眠から目覚めました。春のライブのお知らせです。

久しぶりの大森 Ain’t No♯での演奏には

春の森、鳥の歌というイベントタイトルをつけました。

その言葉が浮かんだら、花ざかりの森から飛び立つ鳥たちのフライヤができあがりました。

100均画材、大活躍。

あまりにぴったりなのでオリジナル曲の歌詞のフレーズを入れてみました。

すべては咲きほこる花となり、鳥となる。

私が作る曲には大抵、鳥が登場します。

パプアニューギニアのカルリ民族では、亡くなった人の魂は鳥になるとされ、

その魂に向かって戻って来てと鳴き声をまねて呼びかけたことで歌が生まれたとされていると

大学の時に徳丸吉彦先生の民族音楽学の講義で聞いたことが、ずっと心に残っているのです。

可愛らしい、でも少し毒のある不思議な森に迷いこんだような

Ain’t No♯の店内に響く3人の音色も、鳥となるでしょう。

4月15日(土) 大森 Aint No#(エイント・ナンバー)

「 春の森、鳥の歌」

Yukari (声とギター)

寺前 浩之 (バンドリン)

飯島 ゆかり (パーカッション)

open 19:00/start 19:30/投げ銭

大田区大森北1-34-14ツインビル1F 090-4134-0191(SUZUKI)

4月19日(水) 門前仲町 chaabee

ボサノヴァヴォーカルの夕べ

Yukari(ヴォーカル&ギター)

山本ひかり(ヴォーカル&ギター)

岡野勇仁(ピアノ)

open 19:00/start 19:30/投げ銭+1オーダー

江東区福住1-11-11 門前仲町駅6番出口より徒歩5分

chaabeeは昨年9月にオープンしたシェアスペースで、

日々様々な人たちが集い、イベントが開催されています。

chaabeeのFBページ はこちら

4月23日(日)  辻堂 Ofenbar (オフェンバー)

愛すべき藤沢のDJ陣によるイベント“Still love her”特別編

DJs: Jyotaro, Abestream, Taizo, Banpaku, George

Live: Yukari(声とギター)

オフェンバーは湘南初日本酒DJバー。おいしいお料理も楽しめます。

オフェンバーのFBページはこちら

ano que vai, ano que vem

標準

%e5%9b%b31

2016/12/18  9:18

今月は、まさかのラジオ生放送中のバースデイ・サプライズ。

ケーキにスパークリング(ノンアルコールです)、深紅の花束。

聞いてないよ~と笑い崩れる様子が公共の電波にのる記念すべきバースディ・ウィークとなりました。

ナオキさん、ジョージさん、レディオ湘南のスタッフの皆さんありがとうございました。

サウサリート店主・ジョージさんがその場でアナログ・レコードを回す

クリスマスに聴きたいサウンドトラック特集(裏テーマは、ウッディ・アレンに映画用の選曲をたのまれたら)は、

パーティの余韻の心地よさ。その後、私はブラジルのクリスマスソングメドレーを弾き語りました。

そしてもう、来年のことを言っても鬼も笑わないくらい次の年はすぐそこに。

2017年最初の演奏は、今年もたくさんお世話になった荒木町の「私の隠れ家」にて。

久しぶりに弾き語りソロの予定ですが、魑魅魍魎、いえ神々が訪れる荒木町マジックにより

また何やら起こるかもしれません。

1月12日(木)  荒木町 私の隠れ家 19時半ごろより 投げ銭

新宿区 荒木町6 エミエール四ッ谷2F

丸の内線四谷三丁目駅下車、4番出口を出て新宿通りを四谷方面へ。みずほ銀行の角を左折して

車力門通りを直進。向かいにイパネマとタンゴバー・ダリ。

1月17日(火) 大塚 Espeto Brasil 

山本ひかり(vo,g) 岡野勇仁(p) 大野裕之(fl)

Yukari(vo,g)  start 19:30   1500yen &オーダー

秋の湘南詣で

標準

10月、11月は湘南でのライブです。

ソロとデュオ。おたのしみに。

10月29日(土) 逗子アートフェスティバルのイベント

鎌倉のアトリエそらのいろのみなさんの展示とともに。

15時から演奏でします。投げ銭制。ワークショップもあるそうです。

http://zushi-art.com/event/numama-aruaru-4

11月23日(水・祝) 藤沢 Sausalito ”Blue Brazil”

藤沢市南藤沢23-5 東ビル2F /tel: 0466-27-9966

JR藤沢駅下車、南口のOPA裏。

開場18:30 開演19:00 1500円+オーダー

(当日料金は2000円+オーダー) 予約優先

ご予約: sausalito1994@jcom.home.ne.jp

Yukari (vo,G) 、寺前浩之(bandolim)

がっつり2セットお届けします。

私の藤沢での初めての演奏は、SausalitoでのBlue Brazilでした。

大好きな場所、大好きなイベント、愛すべき人たち。

Sausalitoに集合ですよ!

夏のおわりのト短調

標準

0828_kakurega

8月はきっとあっという間です。暑さは時間を加速させるのでしょうか。

季節開催となりつつある荒木町「私の隠れ家」での生音音楽会。

夏の陣は8月最後の日曜、夕涼み時間からスタート。

8月28日(日) 四谷荒木町「私の隠れ家」生音音楽会 その4

16時オープン/16時半スタート、演奏にはお気持ちで投げ銭をお願いします。

出演:野地義行(vo,gt)、yukari(vo,gt) & 寺前浩之(バンドリン)

高品質珈琲と名曲「 私の隠れ家」
http://www.arakicho.com/shop/kakurega.html

四谷三丁目4番出口をでて新宿通りを四谷方面に直進、

みずほ銀行の角を左折して車力門通りを直進、113歩。向かいにイパネマとタンゴバー・ダリ。

今回も野地さん、寺前さんと一緒に。

さらにノジの神、オゴの神(予定)の邂逅となれば、荒木町に神々の夕暮れ。

今回のチラシは鳥と花が出て来る絵本の見開きのようにしたくて、

ずいぶんと前に自分で描いた青い鳥を採用しました。

cucurrucucu paloma

標準

pina e caetano

今月に入って、土曜のカオスな隠れ家で常連さんにいただきました。

スナップ写真そのもののようなポストカード。

穏やかで、強い眼の光があるのです。人間て美しいですね。

かたつむりのように過ごしてしまった6月、はたと慌てて今後の予定をアップ!

2011年1月より毎月行っていた弾き語りイベント、声とギターの夜は来月で一区切りとなります。

さまざまな出会いをもたらしてくれました。残り2回。終わりは始まり。

6月27日(水)  声とギターの夜 vol.66 武蔵小山 Again

19時半より/ MC: 1500円

出演:竹村一彦、みうらしゅんいち、Yukari

7月8日(金) 大塚 Espeto Brasil

19時半より/ MC: 1500円

Yukari (Vo&Gt)

Nako (Vo)、 岡野勇仁 (Pf)、 高橋ひで (Gt)

7月25日(月) 声とギターの夜 vol.67  武蔵小山 Again

19時半より/ MC: 1500円

出演:Sabrina Hellsh、みうらしゅんいち、Yukari

7月31日(日) 熱帯音楽祭 vol.2 藤沢 Sausalito

藤沢市南藤沢23-5東ビル2F/tel:0466-27-9966

15:30~20:00/500円+オーダー 出演者:DJ:Yazawa/dunn/Jyotaro/kenn   Live:Yukari(Gt, Vo)

日曜午後、おやつ時からのDJイベントです。藤沢のDJ陣によるトロピカルな選曲とともに。

onde eu nasci passa um rio

標準

2016050310350000

今月の演奏はこちら。

5月27日(金) 声とギターの夜 vol.65  武蔵小山 Again

open 19:00/start 19:30/MC:1500yen

出演:高田泰久、みうらしゅんいち、Yukari

7弦ギターの高田さんが今回は弾き語りで参加します。お楽しみに。

*****

何年か前に歌っていたお店で、

奥様とアマゾンのほとりのバーで出会って結婚したという方にお会いした。

日本人がやっているバーがあるっていうから、行ってみたんだ。

お店の前を、美しいモレーナが通り過ぎた。手を振った。戻って来た!

日本にお嫁に来たものの奥様はホームシックにかかり、河が見たいという。

当時二人で暮らしていた近くの神田川をみせたら、こんなの河じゃないと泣かれてしまった。

そして先週。

日本の川とは明らかに違うアマゾン河の中流、マナウスにバーを開いていた女性ご本人にお会いしました。

河のような街、新宿で。

彼女は今も河のほとりにいるのだなあ。

緑の道

標準

gaien ogonokami(1)

隠れ家ライブでは、入りきれないほどのたくさんの人たちとともに

束の間の、忘れがたい時間を過ごしました。

その場にいない人も、とびきりの贈り物をくれて。

当日まで謎だったあさかさんのコーラスアレンジ秀逸でした。

バンドリンとからまる自分のギターの音は不思議で

どこかに連れて行かれるような気持ち。

道は大きく見るとくねくねぐるぐるなのですが、

区切って区切ってみると近似されてまっすぐに見える。

のですね!

さて、もう一つ4月のライブは3者3様のソロ。

私は古今東西暗くも明るくも美しい曲たちをお送りします。

4月27日(水) 武蔵小山 Again  “声とギターの夜vol.64”

19時半より/MC:1500円

出演 : 竹村一彦、みうらしゅんいち、Yukari

春にして熊を思う

標準

treebears0409

春分の日も過ぎて。3月末~4月前半のライブのお知らせです。

3月30日(水) 声とギターの夜vol.63  武蔵小山 Again

start 19:30/MC:1500円

出演:あがさ、みうらしゅんいち、yukari

鬼才あがさ嬢、アゲインに君臨。久しぶりの共演嬉しいです。

3人で、この顔ぶれ、この場所ならではのあの曲を演奏しちゃいましょう。

4月9日(土) 四谷荒木町「私の隠れ家」生音弾き語りの夜 その3

投げ銭制、19時半ごろから

出演:野地義行(vo,gt)、yukari(vo,gt) & 寺前浩之(バンドリン)

高品質珈琲と名曲「 私の隠れ家」
http://www.arakicho.com/shop/kakurega.html

四谷三丁目4番出口をでて新宿通りを四谷方面に直進、

みずほ銀行を過ぎて車力門通りに左折、直進113歩。向かいにイパネマとタンゴバー・ダリ。

不思議な出会いをもたらす荒木町マジックにより、今回は野地さん、寺前さんと一緒に。

ここで演奏していると小さな店内に何とも優しく穏やかな空気が流れるのがわかります。

終わるのが勿体ないほどです。

ライブのチラシのテーマはクマ。冬眠から覚めた気持ちです。

こっちのスープは熱すぎる、こっちのスープはぬる過ぎる。

大中小3匹の熊と好奇心旺盛な女の子が出会う話。

だれがどの熊かは、ご想像ください。ゲストで女の子が、歌で参加?

うるう年如月

標準

今年の節分は、オニがヨルバ語で今日という意味だと知り、あたりの豆まきが「今日は外~」に変換されました。

今日をはらって明日を呼び込むのでしょうか。明日はオラというそうです。

さて、うるう年如月の月例ライブは、ふだんより早めの日程です。

バレンタインデイ翌日の月曜日、お待ちしております。

2月15日(月) 声とギターの夜vol.62  武蔵小山 Again  open 19:00/start 19:30/charge:1500yen

出演: 竹村一彦、みうらしゅんいち、Yukari

 

やまなし

標準

yuzu

もう二日ばかり待つと、こいつは下に沈んで来る、ひとりでにおいしいお酒になる

国語の教科書に出てきた「やまなし」のそんな言葉ばかり覚えていて

待つということは、果実が沈みおいしいお酒となるまでの時間を過ごすことだと

考えているふしがあります。

1月はこちらの演奏。オリジナル曲を多めに演奏する予定です。

2011年に始まったイベントが6年目に突入。初登場の柴田奈緒さんを迎えてお送りします。

1月27日(水) 声とギターの夜vol .61 武蔵小山 Again

19:30より/MC:1500円

出演:柴田奈緒、みうらしゅんいち、Yukari